インプラント

インプラントの補助処置 (骨の高さや幅が足りない時の補助処置)

上顎には、上顎洞という鼻とつながっている副鼻腔があります。 インプラントを埋める際骨の高さが足りないときは上顎洞底部を挙上してインプラントを同時に埋めます。入院の必要はありません。

 
特殊なドリルで骨を削る このドリルは上顎洞底粘膜を 傷つけません
自家骨や骨補填材を入れ上顎洞底を あげていきます
インプラントを埋め込み 歯肉で覆います

スプリットコントロール

インプラントを埋入するのに骨の幅が無い時に、骨を押し広げて、インプラントを埋入する方法です。 骨ノミとマレットを使用した従来法のように、骨に必要以上のダメージを与えません。高精度のスクリュー形状を有したスプリットコントロールは、無理と無駄のない骨のスプレッティング(圧し拡げ)とコンデンシング(圧縮)をします。

ほとんどの脆弱(軟らかい)な骨に使用できます。

GBR (骨再生誘導法)

インプラントを埋入するのに骨の高さや幅が無い時に、骨補填材や自家骨を足して特殊な膜を置き、インプラントを埋入する方法です。3~6ヶ月後に骨がインプラント周囲に出来ます。

    削らないむし歯治療

    ドックベスト

    削らない、痛くないむし歯治療があります。通院も原則1回なので、時間と費用の節約なる画期的な治療法です。

  • ドックベスト治療

    歯科厳選100院

    歯科厳選100院

    デンタルエステサロン

    患者様の感想

    多くの患者様から、嬉しいお声をいただいております。お読みになれば、より当院をご理解いただけます。

  • 患者様の声
  • 患者様の声 その2