むし歯の治療

C0(虫歯になりかけている、まだ虫歯ではない場合)

COは、歯の表面のエナメル質が白濁(透明感がなく白くにごった状態)している状態で、まだ症状がなく、穴もあいていない状態です。まだ歯に穴があいていませんから、毎日の歯磨きや予防処置により直る場合が多い状態です。

治療法
当院ではフッ素とレーザー治療を併用し削らないで処置します。

C1(エナメル質の虫歯)

歯の表面をおおっているエナメル質が脱灰が溶けているしている状態です。痛みはあまり感じませんが、歯の表面が白くにごっていたり、茶色などに着色してザラついていたりします。

治療法
う蝕検知液(虫歯発見液)を使い、赤く染まった部分がの虫歯を削り白いプラスティックの詰め物で埋めます

溝の部分が黒くなっています 溝を埋めました 歯は削っていません。

C2(象牙質の虫歯)

象牙質の層にまで進んで穴があいている中等度のむし歯です。冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみる事もあります。

①黒い部分が虫歯のところ ②歯とはの間も虫歯でした 
③虫歯を除去 ④虫歯が深い箇所にレーザ  照射後してセメントで埋めた  後形を整え型取りします
  この症例のようにC2になると詰め物をいれなければならない状態になる事が多く 詰め物には、保険で出来る材料から審美的に優れた材料まで種類があります。
⑤患者さんは白い詰め物を希望したのでハイブリィドインレーを着けたました

C3(歯髄炎)

むし歯が大きな穴になって象牙質のすべてに及び、歯髄(神経)まで達したむし歯です。炎症を起こしたりすると、とてもはげしい痛みをともないます。

 
レントゲン写真でも虫歯の穴と 神経がつながっているのを確認できます。
 
歯を削神経の入り口を見つけ、神経を取る器具を入れレントゲンや根の長さを測定する機械で根の長さを測ります。 リーマー、ファイルと言う針みたいな器具で歯根の中にある神経を除去しながらお掃除をして行きます。細いものからだんだん太いものへ換えて掃除していきます レントゲンを撮り根の先まできちんと入っているか?根の曲がり具合なども確認します。
  根の治療が完了 根の中に最終的な材料が入っています   歯の神経が失くなってしまうと 栄養がこなくなり例えが悪いのですが、枯葉のような 状態になります。そこでコアポストという土台を根の中にいれていわゆる柱を建てます。 そうする事により根がかみ合わせの力に耐えられるようにするのです。
痛みがなきなるまで根の消毒、お掃除やお薬を取り替えます。
 
根の中にグラスファイバーの土台を入れます
 
樹脂で根の中と残った歯の間を埋め尽くします
 
周りを削り形を整え型取りします   かぶせ物を製作して装着します

C4残根と根の先端の病巣

歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。このままにしておくと歯髄が腐敗してしまい、さらに歯周病へと進んでいきます。

治療法
感染歯質(虫歯になって軟らかくなったり、ぼそぼそになっている)ところを取った結果で判断します。
根の中まで感染歯質だった場合は抜歯になるケースが多いです。

神経が死んでしまっている場合が多いのですが、C3と同様の治療で治せるケースもありますが、根の治療回数は根の先の膿んでいる状況により長くかかる場合が多いのです。

    削らないむし歯治療

    ドックベスト

    削らない、痛くないむし歯治療があります。通院も原則1回なので、時間と費用の節約なる画期的な治療法です。

  • ドックベスト治療

    歯科厳選100院

    歯科厳選100院

    デンタルエステサロン

    患者様の感想

    多くの患者様から、嬉しいお声をいただいております。お読みになれば、より当院をご理解いただけます。

  • 患者様の声
  • 患者様の声 その2