メニュー

ヒューマンブリッジ 歯を失ったときのインプラント以外の治療法

[2016.09.29]
いろいろな原因で歯を失ったとき、治療法はいくつかあります。代表的なものは
 
 
・インプラント
・入れ歯
・ブリッジ
 
 
です。当院ではインプラントが多くの患者様でベストの治療法であると思っています。しかし、持病があったり、お口の状態が良くなかったりして、入れ歯やブリッジにせざるを得ない場合がありました。そこで、横須賀市 久里浜 さいとう歯科では、第4の治療法を導入しました。
 
 
それが「ヒューマンブリッジ」です。
 
 
ほとんど聞いたことがないと思います。なぜなら、とても新しい治療法で、導入している歯科医院が少ないからです。どこでもヒューマンブリッジの治療が受けられるわけではありません。訓練を受けて、特別な許可を持った歯科医院だけで受けられます。
 
 
さて、ヒューマンブリッジとはどのような治療法でしょうか? まず症例を見てください。
 
 
humanbr2016-01
 
 
 
まず入れ歯とブリッジ(従来の治療法)との違いをご説明します。入れ歯と従来のブリッジは残っている両隣に負担をかける治療法です。入れ歯なら、両隣にバネをつけますし、従来のブリッジなら、両隣りの歯を大きく削ります。
 
 
しかし、ヒューマンブリッジにはバネが必要ありません。また、両隣の歯を大きく削ることはなく、少しだけ削るだけです。つまり、ヒューマンブリッジは残っている健康の歯にかける負担がとても小さいのです。見た目の美しさは、ヒューマンブリッジが上です(バネのない入れ歯も十分に美しいですよ)。
 
 
ここで2つめの症例です。上から撮った写真です。右隣の歯は虫歯なのですが、それをドックスベストで治療して詰め物を入れています。真ん中の歯を抜いて、その後ヒューマンブリッジで治療しています。
 
 
humanbr2016-02
 
 
次にインプラントとの違いです。いちばんの違いは治療期間です。ヒューマンブリッジのほうがインプラントよりも治療期間が短いです。インプラントはとてもよい治療法ですが、どうしても治療期間が数ヶ月かかります。インプラントはちょっと時間がかかるし、少し恐いという方はヒューマンブリッジがいいでしょう(繰り返しますが、治療法の良さとしてはインプラントのほうが上です)。ヒューマンブリッジは連結部がゴールドなので、噛んだとき、完全固定式のブリッジと異なり柔軟性があります。そのため、両方の歯に負担がかかりにくいのです。
 
 
3つめの症例です(手前は歯が抜けたあとです。反対側の歯が見えています)。治療中のところに、ヒューマンブリッジの小さな結合部があります。こういう小さなものですので、インプラントは恐いけれど、ちゃんとかめるようになりたいという方にオススメです。
 
 
humanbr2016-03
 
 
健康な歯の負担、見た目、治療期間で比較すると、おおよそ次のようにまとめられます。
 
 
両隣の歯への負担の少なさ
1位 インプラント
2位 ヒューマンブリッジ
3位 入れ歯・従来のブリッジ
 
見た目の美しさ
1位 インプラント
2位 ヒューマンブリッジ、バネのない入れ歯
3位 従来のブリッジ、バネのある入れ歯
 
治療期間の短さ
1位 ヒューマンブリッジ、従来のブリッジ
2位 入れ歯
3位 インプラント
 
 
横須賀市 久里浜 さいとう歯科では、患者様にもっともよい治療法をご説明します。治療についてわからないことがあれば、ご遠慮なくご相談ください。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME