メニュー

削らない虫歯治療?

[2018.11.15]

こんにちは。 神奈川県横須賀市久里浜にあります、さいとう歯科医院 アシスタントの関根です!

みなさんは虫歯の治療をした経験がありますか?

“痛い”、“キーンとする音”、 “削る” マイナスなイメージを持つ方も多くいるかと思います。

今日は、虫歯治療として画期的な「ドックスベストセメント」について紹介したいと思います!

2014_01220930_20

「ドックスベストセメント」 とは、今までの虫歯を削って治すという発想とは全く違う、 “虫歯菌を削らないでミネラルで殺菌する”という治療法です。

通常、初期の虫歯では、虫歯の箇所が小さいので、削ってそのまま詰め物をします。

小さな虫歯の場合は、ドックスベストセメントを使用する必要はありません。

 

 

少し進んだ虫歯では、通常なら虫歯の部分をすべて取るため、大きく歯を削ります。

この場合、ドックスベストセメントを使用することで、虫歯菌の部分をほとんど削り取る必要がなくなり、大事な歯を極力削らないですませることができます。

また、神経の上の自分の歯をほとんど削らないので、歯がしみにくいというメリットもあります。

 

さらに進行し、神経まで達するような深い虫歯の場合は、通常の治療では歯の中にある神経をすべて取って、取った後の部分には、神経の代わりになるゴムの詰め物をします。

その後、かぶせ物をして歯の形に治していきます。

2014022510380330909 ドックスベストセメントを使った治療では、虫歯菌の感染部分を全部取ってしまうと神経が出てしまうので、神経まで達している虫歯の部分を除去しないで、ミネラルで虫歯菌を殺菌します。

歯の中に虫歯菌があった箇所が残りますが、虫歯菌はドックスベストセメントで死んでいるので、しっかり密封すれば、そのまま大きくなっていくことはありません。

神経を残したまま、上に詰め物をして治療は完了です。

 

歯は治療すればするほど、削れば削るほど、寿命が短くなっていきます。

いちばんの理想は虫歯にならないことですが、もし虫歯になってしまったら、出来るだけ自分の歯を残して治すことが重要です。

自分の大切な歯で、出来るだけ長く美味しい食事を楽しんで頂くために、どんな方法で、どんな材料を使って治していくか、ということはとても大切です。

みなさんのお口の健康を守るために、患者様にはたくさんの選択肢がありますので、ぜひ一緒に考えていただきたいのです。

スタッフ一同お待ちしておりますので、ぜひ一度、さいとう歯科医院にご相談下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME