メニュー

ブリッジ治療

歯を失ったときの治療法

むし歯や歯周病、不慮の事故により歯を失う…その時に選べる治療方法は大きく分けて「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の3種類です。

最近はインプラントを選ばれる方が多くなりましたが、外科的な処置のためにお体の状態によってはできない人もいますし、やはりインプラントは怖いという方もいます。
さいとう歯科医院では、インプラント、入れ歯、ブリッジといった選択肢をご用意しております。患者様のご要望に沿った形で治療を進めてまいりますので、最初のカウンセリング時に、当院スタッフまで遠慮なく何でもご相談ください。

今回は歯のブリッジ治療の特徴についてご説明いたします。

歯のブリッジとは

humanbridge05ブリッジは、主に失った歯の本数が少ない場合に用いられる治療方法です。
喪失歯の両隣に残っている歯を削って土台を作り、そこにブリッジの名前の通り、橋を架けるように人工歯を被せます。
違和感も少なく自分の歯のように噛むことができます。

 

 

外科処置をせず、体にやさしい

ブリッジ治療は、インプラントと違って外科的な処置をしないので、糖尿病や高血圧などの人にもできる体にやさしい治療です。
また、ブリッジは保険適用で作ることが可能で、部分入れ歯と比較するとやや高価ではありますが、インプラントと比較すると非常に安価です。
保険外になりますが、セラミックで3本すべて白くできます。強度のあるセラミックで奥歯でも金属を使わずにブリッジができます。

また、部分入れ歯と比較すると、安定性が高く異物感が少ないというメリットがあります。
治療期間も比較的短く、早ければ1~2週間で治療が完了する場合もあります。

ただし、ブリッジは、失った歯の両隣の健康な歯を土台とするために削る必要があり、土台の歯には「大きな負担が掛かる」「歯垢が蓄積される」ことでむし歯や歯周病になりやすくなるというデメリットもあります。

ほとんど削らないブリッジ治療 ヒューマンブリッジ

従来までのブリッジは、土台となる両隣の健康な歯を大きく削る必要がありました。
しかし、技術の進歩により、現在では「ほとんど削らないで」ブリッジ治療を行うことが可能となりました。

従来のブリッジではエナメル質を全て削り取ってその下にある象牙質を露出させて被せ物を作っていました。そのため、ブリッジの被せ物の下がむし歯になるケースも多々ありました。

「ほとんど削らないブリッジ」は歯にとって一番大切なエナメル質を残してブリッジを作成することができるので、歯へのダメージが最小限となり、将来的にブリッジの下の歯がむし歯になるリスクを軽減することにも繋がります。また、インプラントに興味があるけど手術が怖い方、骨の量や全身疾患などがあってインプラント手術が難しいといった方にもおすすめしたい治療法です

ヒューマンブリッジ(白金加工+かぶせ物)  370,000円~570,000円(税抜き) ※欠損部1本の場合

ヒューマンブリッジのメリット・デメリット

メリット

  • 健康な歯をほとんど削らなくて済む
  • 麻酔もしない、手術不要
  • 入れ歯のように取り外す必要がない
  • 違和感が少ない
  • 少数の歯の欠損に対して幅広く対応することができる

デメリット

  • 両隣のどちらか治している時、適用できない
  • 過度な衝撃でブリッジが外れてしまうことがある
  • 金属が見える場合がある
  • 保険適用ではない
ヒューマンブリッジのしくみ
  1. 特殊なパーツを接着剤で歯に装着します
  2. 欠損している部分に人口歯を接着剤で精密に装着します
ヒューマンブリッジのしくみ

ヒューマンブリッジと他の施術法との比較

健康な歯の負担、見た目、治療期間で比較すると、おおよそ次のようにまとめられます。

両隣の歯への負担の少なさ

1位 インプラント
2位 ヒューマンブリッジ
3位 入れ歯・従来のブリッジ

見た目の美しさ

1位 インプラント
2位 ヒューマンブリッジ、バネのない入れ歯
3位 従来のブリッジ、バネのある入れ歯

治療期間の短さ

1位 ヒューマンブリッジ、従来のブリッジ
2位 入れ歯
3位 インプラント

横須賀市 久里浜 さいとう歯科では、患者様にもっとも良い治療法をご提案します。
治療についてわからないことがあれば、ご遠慮なくご相談ください。

横須賀市さいとう歯科医院

Tel 046-833-5582
Address 239-0831
神奈川県横須賀市久里浜4丁目11-15
ライフコンフォート久里浜 3F
診療時間日祝
9:30~13:00
14:30~18:00

休診日 水・日・祝

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME