メニュー

インプラント治療の流れ

シムプラントのインプラント治療の流れ

当院では、シムプラントを活用して、インプラント治療を実施しています

1.カウンセリング

さいとう歯科医院では、治療に入る前に丁寧にヒアリングを行います。
なぜ歯を失ってしまったのか、インプラント治療を行うことでどのような回復を求めているかなど、患者様のお気持ちやご要望をしっかりお聴きします。

2.精密な検査・CT撮影

お口や顎の骨の状態を正確に把握するため、レントゲン・CT・口腔内などを撮影します。
また、血液やお身体の検査によって、患者様のお身体の状態をより的確に確認・把握し、安全に進めていきます。
※ 検査結果によって、インプラント治療を受けられない場合もあります。

3.診断に基づき治療計画を立案

検査結果に基づいた治療計画をご提案します。
必要なインプラントの本数・治療にかかる期間・費用などについても、わかりやすくしっかりとご説明します。
当院ではインフォームドコンセント(説明と同意)を徹底しており、患者様がご理解・ご納得された上で治療を開始します。

4.安全な手術のための前処置

インプラント治療を開始する前に、必要に応じて口腔内の環境を整えます。
むし歯・歯周病の治療やインプラント治療に対して、顎の骨が少なければ骨の再生治療を行うなど、より安全にインプラント治療を行えるように前処置をします。
また、計画通りの正確な手術を行うため、CT上での治療プランに基づいて専用のサージカルステントを作製します。

5.サージカルステントを使用したインプラント埋入手術

歯科用CTで撮影した立体画像、シムプラント(インプラント術前シミュレーションソフト)によって立案された計画に沿い、インプラント埋入位置が設計されたガイド(サージカルステント)を用いて、安全・正確にインプラント(人工歯根)を顎の骨に埋入していきます。
手術の翌日以降から、通常の生活が送れます。

6.治癒期間

おおよそ2~6ヶ月程、インプラントと顎の骨がしっかりと結合するのを待ちます。
インプラントを埋入した部位(上顎・下顎)や骨の質などの違いで、治癒期間には個人差があります。
治癒期間が長く気になる方は、この期間中に仮歯を利用をすることもできます。

7.上部構造の製作

術後、上顎で4~6ヶ月、下顎で2~3ヶ月程経過した後、上部構造(人工歯)の型取りをし、セラミックの被せ物を製作していきます。
型取りから1~2週間後に上部構造を一度装着し、様子を見ながら咬み合わせの調整を行っていきます。

8.メンテナンス

インプラントを長持ちさせて快適に過ごしていただくには、インプラントの大敵ともいわれる歯周病の予防や、残った歯を健康に保つための治療終了後のメンテナンスがとても大切です。
3~6ヶ月に一度ご来院いただき、クリーニングや口腔内チェックを定期的に受けましょう。ご自宅で行う正しいケア方法も丁寧にご案内します。

 

 

インプラント治療も、ブリッジや入れ歯同様に失った歯を補う治療の選択肢の1つとして、信頼のおける治療法であると考えています。
しかし、インプラントはやり直しが容易にできない治療です。そのため、お口全体の診査・診断、CT診査、滅菌体制、感染対策などを的確に行い、安心、安全のために最善を尽くす必要があると考えています。

また、術者やスタッフも研鑽を積み、知識や能力を高めていかなければいけないと思っています。今まで噛めなかったものが噛める、コンプレックスが解消されるなど喜びも大きい治療です。歯を失ってしまった方、現在うまく噛めていない方などお困りの方は、まずはご相談ください。現況を見定め、しっかりとご説明します。

 

 

 

横須賀市久里浜 さいとう歯科医院

Tel 046-833-5582
Address 239-0831
神奈川県横須賀市久里浜4丁目11-15
ライフコンフォート久里浜 3F
診療時間日祝
9:00~13:00
14:30~17:30

休診日 水・日・祝

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME