メニュー

シムプラントと手術用ガイド

ガイドシステムで正確性の高いインプラント治療

CT撮影による顎の骨の断面画像

インプラント(人工歯根)治療を適切に行うためには、顎の骨の状態を詳しく調べることが重要です。
そこで、当院ではCT検査を行うことによって顎の骨の断面画像を撮影し、その画像を見ながら治療の計画を立てます。
より安全で、無理のない治療をご提供できるよう努めております。

 

シムプラント、手術用ガイドとは

当院ではCTをはじめ、インプラント術前シミュレーションソフト「SimPlant(シムプラント)」を導入しております。

インプラント術前シミュレーション

CTで撮影した画像をもとに患者様の顎の骨の状態を3次元画像に変換した状態で、術前のインプラント治療計画を行います。

シムプラントを用いて、あらゆる角度からの3次元画像による説明も可能です。自分の骨の状態、神経・血管の位置と、それらの情報に基づいた治療計画を3次元画像により把握することで、治療内容に対する理解も深めることができます。そのため、より安全性の高い手術を行うことができます。

シムプラントを使用するメリット

  • 使用するインプラントの長さや太さについて最適なものを選択できます
  • インプラントを埋入する位置や角度や深さについて最適な状態で行うことができます
  • 術前に何度でもシュミレーションができるので、納得いく治療プランを構築できます

 

なぜCT撮影が必要なのでしょうか

歯医者さんでよく行うX線撮影は歯の様子を見たり、むし歯の治療をするのにはとても役立ちます。
一方、インプラント(人工歯根)治療を適切に行うためには、顎の骨の状態を詳しく調べることが重要です。骨の硬さや形、神経の位置など一人一人異なります。

CT撮影した画像は、顎の骨の形や硬さがわかるだけでなく、神経・血管の位置なども事前に調べることができます。

 

ガイドシステムで正確性の高いドリリングとインプラント埋入を可能にします

ガイドシステムとは、シムプラントでシミュレーションした通りの位置にインプラントを埋入するための支援システムです。

手術用ガイド(サージカルステント)

手術用のガイド(サージカルステント)は、コンピューターテクノロジーのCAD/CAMにより作られ、ガイドに設けられたホールがインプラントの埋入を正確にナビゲートします。

サージカルステントを用いることで期待されるメリット

  • 治療計画した位置にインプラントを埋入できます
  • 安全性を高め、比較的短時間でインプラント埋入手術が可能となり患者さんの負担が軽減できます
  • 予知性の高い治療でリスクを低減できます

 

より良いインプラント治療法をお探しの方は、ぜひご相談にお越しください。

 

 

横須賀市久里浜 さいとう歯科医院

Tel 046-833-5582
Address 239-0831
神奈川県横須賀市久里浜4丁目11-15
ライフコンフォート久里浜 3F
診療時間日祝
9:30~13:00
14:30~18:00

休診日 水・日・祝

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME