メニュー

インプラント

丁寧な治療内容の説明と最新設備の導入により
安全で精度の高いインプラント治療
力を入れています。

衛生面への対策も万全で、
治療器具の洗浄・除菌・滅菌も徹底し
世界基準をクリアする環境で診療を行っています。

さいとう歯科式インプラント ~患者様に喜ばれる当院の取り組み

implant02

失った歯の機能と見た目を補う選択肢として、インプラント治療に対応しています。外科処置をともなうインプラント治療は歯科の中でも特に専門性が高い領域ですが、他の治療同様、質も精度も高い治療のご提供に努めています。

こちらでは、インプラント治療の概要や安全なインプラント治療のための当院の取り組み、対応しているインプラントについてご紹介します。

インプラント治療技術の研鑽を日々行っています

横須賀市久里浜の歯医者さん「さいとう歯科医院」の院長は、もっとも厳しい財団法人日本歯科先端技術研究所による日本口腔インプラント学会認定講習を修了しています。

また、当院では、すべての歯科医師・スタッフが技術や応対をレベルアップするため、日々研修や練習を行っています。歯科衛生士も財団法人日本歯科先端技術研究所の研修を終えて、認定歯科衛生士として登録されています。インプラント治療の世界は日々進歩していますので、私たちも常に技術を磨いていきます。

来院された際はインプラントについてのご質問・ご不安はご遠慮なくお聞かせください。

 IMG-563

 

診断・CT撮影―お口の状態や健康状態の把握

implant05★HP引用

インプラント治療を適切に行うためには、顎の骨を詳しく調べることが重要です。

CTとは、立体的(三次元)に骨の状態や神経の位置を把握できる特殊な撮影装置です。従来のレントゲンでは見えなかった事、分からなかった事が、歯科用CTなら正確な診査と診断ができ、安全性と治療のクオリティーを高めることが可能となります。

また、「3Dシミュレーションソフト」を使用することにより、CT撮影によって得られた3次元の画像をもとに、治療計画をコンピュータ上でシミュレーションすることができます。インプラントを埋入する位置・方向、使用するインプラントのサイズなど、すべて術前に決定しておくことができます。

CTおよび3Dシミュレーションソフトで取得したデータ以外にも、既往歴の聞き取り・血圧・感染症などの全身健康状態のデータをもとに、「インプラントができるのかできないのか」「リスクはあるのか否か」「インプラント以外の方法が適切か否か」などをしっかりとご説明させていただきます。

信頼できるストローマン社製ロキソリッド(Roxolid)/SLActiveを採用

implant06

当院のインプラントシステムは、治療を安心で確実なスイスのストローマン社製インプラント「ロキソリッド・アクティブ」を使用しています。
1974年に開発されて以来、50年以上にわたる研究を行ってきています。その長い歴史の積み重ねで蓄積された知識と経験で世界70ヶ国以上で使用されており、もっとも信頼されているインプラントの一つとして数えられています。

ストローマン社製インプラント「ロキソリッド・アクティブ」は従来のインプラントと比較し、骨との結合が早く、強固であるため、細くて短いインプラントの使用が可能になります。これにより患者様への負担も大幅に減り、短期間でより安全で低侵襲なインプラント治療が行えます。(症例により従来のインプラントを使用する場合があります)

トラブルが少なく安全な2回法を採用

インプラントの埋入方法については1回法と2回法があります。
1回法の方が2次オペが必要なく身体的負担が少ないですが、骨造成手術等を行う際には感染リスクを考え、2回法を取ります。1回法のインプラントに比べリスクが少なく、成功率が高いのです。
角度調整などしやすいので、様々な対応ができます。

インプラント の症例写真

術前シュミレーションと術前のレントゲン

インプラント1次手術

2次手術で歯ぐきが綺麗になったら型取り、チタンの土台を装着、セラミック装着

アフターフォロー ~可能な限り長く使用していただくために

アフターフォロー治療後、インプラントを長持ちさせるために一番大切なことは「術後のメンテナンス」です。
特に、インプラント周囲炎という病気に注意を払わなければなりません。

インプラント周囲炎は、歯周病と同じく、歯周病原性細菌によって起こる病気です。インプラント周囲炎になると、歯周病で歯が抜けてしまうようにインプラント体が抜けてしまうことがあります。このようなことが起こらないように定期的なメンテナンスを受けることが大切です。

メンテナンスを受けるペースは最低でも3ヶ月から4ヶ月に1度をおすすめしています。

歯を失った際の治療選択肢

選択肢 treat001インプラント treat002ブリッジ treat003部分入れ歯 treat004総入れ歯
対応方法  歯の根の代わりになるチタンの棒を骨に埋め込み、その上に歯を被せます 失った歯の両隣の歯を削り、冠を橋のように渡して失った歯を補います 失った歯の周囲の歯に金属の留め金をつけた部分入れ歯を装着します 取り外しのできる人工の歯を顎の上に載せます
対応本数 1本からすべての歯を失った場合 数本失った場合 数本失った場合 全部の歯を失った場合
治療期間 5ヶ月~1年程度(顎の状態による) 3週間~2ヶ月前後で装着(周囲の歯の状態による) 2~3ヶ月で装着
メリット
  • 顎の骨にしっかりと固定するので、違和感がなく自分の歯のように噛むことができる。
  • 見た目がきれい。
  • 固定式のため、違和感が少ない
  • ブリッジでは対応できないような大きな欠損に対応できる
  • 比較的安価で導入できる
デメリット
  • インプラントを顎の骨に埋め込む手術が必要。
  • 全身疾患がある場合には治療ができない
  • 保健適応外になる
  • ブリッジを支えるために両隣の歯を削る必要がある。
  • 固定式のため、不衛生になることがある。
  • 口の中の違和感を持ちやすい。しゃべりづらくなることがある。
  • 金属が見えてしまうことがある。
  • しゃべりづらくなることがある。
  • 外観でわかってしまうことがある。

 

インプラントの治療方針につきまして

インプラントの治療方針につきまして昨今、NHKを始めとするテレビや新聞などマスメディアから、インプラント治療に関しての放送・報道が増えています。報道される中には、インプラントの危険性について“言い過ぎでは?”と疑問を持ってしまう内容もあります。

さらには、インプラントのメリットが取り上げられておらず、治療を行う歯科医師として悲しくなるような番組もあります。

ご覧になった方には、不安を抱かれた方もいらっしゃるかと思いますので、ここで当院のインプラント治療の方針・見解をお伝えしようと思います。

実際、急速にインプラント治療を実施する歯科医院が増えており、技術・知識・経験の不足が引き起こすトラブルも歯科界全体で少なからずあることは否定できません。その中には、報道されているように歯科界が抱える問題があるのだと思います。

当院においてもインプラント治療を行なっています。しかし、すべての方には説明していません。
院内にあるCTで検査し、患者様に適している、可能であると判断した場合にのみ、説明しているからです。適さないと判断した場合には、他の治療法をご提案しています。
もちろん、インプラントを提案した場合に、治療を受けられるかどうかは、不明点をすべてクリアにしてから、100%、患者様にお任せしています。

ルールを守ればインプラントはすばらしい治療法です。現在のところ、お口の機能回復に役立つ治療法は他にありません。
私たち治療を提供する側もトラブルが起こらないように一層努力しなければいけませんし、また治療を受ける患者様の側も治療の説明をよくしてくれる医院を選び、内容を理解し、治療後のアドバイス・指示も守っていただきたいと思います。

当院においてもインプラント治療に限らず、クオリティの高い治療を提供していきたいと思っています。
どうぞ今後ともよろしくお願いします。

インプラント相談

当院ではインプラント治療を検討されている方に、CT撮影付きインプラント相談を行っています。
インプラント治療の概要、必要と考えられるインプラントの本数や費用、治療期間、その他の治療の選択肢などについて詳しくご説明します。
失われた歯の数、骨の細さ、位置、咬む力など人によって治療法は様々です。
CT撮影による充分な診断の後、あなたにベストなインプラント治療計画を立てます。
無理にインプラントをおすすめすることはありませんので、お気軽にご相談ください。

インプラント相談料 19,800円(60分)
※CT撮影・診断料(画像診断料)が含まれます。

横須賀市さいとう歯科医院

Tel 046-833-5582
Address 239-0831
神奈川県横須賀市久里浜4丁目11-15
ライフコンフォート久里浜 3F
診療時間日祝
9:30~13:00
14:30~18:00

休診日 水・日・祝

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME